認知症の症状と原因TOP

認知症の症状と原因 新着情報

スポンサードリンク

認知症と正常圧水頭症について

認知症の症状を発生するものとして、アルツハイマー型認知症や、脳血管性認知症、レビー小体型認知症などの他に正常圧水頭症と言うものがあります。

正常圧水頭症は、脳脊髄液というものが脳内にありますが、これの循環作用が悪くなった結果、認知症症状を始め、歩行障害や排尿障害などの症状が出てきます。

基本的に認知症は、ほとんど治療が困難なことが多いですが、正常圧水頭症からくる認知症のの治療に関しては、この脳脊髄液圧を正常化するシャント術により治療が可能です。

シャント術を行えば全ての正常圧水頭症が完治するわけではないですが、半数以上は十分完治が可能であり、治る可能性のある認知症と言われています。

正常圧水頭症の原因としては、原因が分からない場合と、何度も起こる場合は、クモ膜下出血が考えられます。その他にも脳の外傷や脳梗塞があった場合になる恐れがあります。

しかし、現状では認知症は治療困難な症状と言われていますが、この正常圧水頭症であれば、治療が可能であり、認知症状も治療とと主に回復すると言う意味では珍しい疾患でもあります。

正常圧水頭症の3大症状は認知症、歩行障害、尿失禁とありますから、これらの症状が出た場合はすぐに医療機関で受診する必要があると思われます。

スポンサードリンク
Copyright (C) 認知症の症状と原因. All Rights Reserved.
★ここにアクセス解析のコードを貼り付ける★
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。