認知症の症状と原因TOP ≫  脳血管性認知症 ≫  脳血管性認知症の特徴について

脳血管性認知症の特徴について

スポンサードリンク
脳血管性認知症は以前は、認知症の中で一番多いタイプの認知症と言われていました。

ですが現在ではアルツハイマー型の認知症のタイプが、脳血管性認知症の数を上回っていますから、日本では2番目に多い認知症のタイプと言えます。

脳血管性認知症の特徴としては、脳血管の病変によりそれが脳の色々な部位に異変をもたらすものを言います。

例えば脳梗塞などで倒れた場合の後遺症として、脳血管性の認知症の症状が出てくる場合があります。

また、男性か女性かというと、男性がなりやすいのも特徴の一つです。

このような脳血管性認知症の特徴としては、脳の血管の病変ですから、普段からアルコールや糖分、タバコなどには気をつけた方がいいと思います。



スポンサードリンク
コメント
コメント投稿フォーム:
認証:
 [必須]
※ 画像の中の文字を半角で入力してください。
Copyright (C) 認知症の症状と原因. All Rights Reserved.
★ここにアクセス解析のコードを貼り付ける★
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。