認知症の症状と原因TOP ≫  レビー小体型認知症 ≫  レビー小体型認知症の特徴について

レビー小体型認知症の特徴について

スポンサードリンク
レビー小体型認知症の特徴としては、あまり日本では知られていない認知症のタイプですが、欧米ではアルツハイマー型認知症に次いで多いとされている認知症の症状です。

日本では3番目に多いとされています。

レビー小体が脳内の黒質や大脳皮質などの部分に見受けられる場合は、この認知症を疑うことになります。

良く似た病気の種類としては、パーキンソン病が挙げられます。ほとんどパーキンソン病と共通しているものがありますが、レビー小体型認知症の場合は、パーキンソン症状と徐々に進行する認知症という特徴が両方あります。

今まではレビー小体型認知症の検査が難しかったわけですが、徐々に診断基準も定まり、ある程度の治療方法が開発されているようです。



スポンサードリンク
Copyright (C) 認知症の症状と原因. All Rights Reserved.
★ここにアクセス解析のコードを貼り付ける★
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。