認知症の症状と原因TOP ≫  脳血管性認知症 ≫  脳血管性認知症の原因について

脳血管性認知症の原因について

スポンサードリンク
脳血管性認知症の原因は、脳血管の病変により起こると考えられます。

脳血管性認知症の原因のほとんどを占めているのが、脳梗塞が原因として考えられます。

最近の傾向としては、梗塞部分が脳の色々な部分にできて起こる多発梗塞性の認知症が多いと言われています。

脳血管性認知症の場合は、このように原因がはっきりしています。特に、脳卒中や一過性虚血発作などを引き起こすと、急激に脳血管性認知症の原因となることもあります。

しかし、脳血管性認知症の原因としては、このような引き金となる病変がなくてもなることがあります。

日ごろから血圧が高かったり、糖尿病などを発症していたり、血管が目詰まりを起こしていて、それが徐々に進行している場合は、ゆっくりと脳血管性認知症が発症している可能性があります。

タイプは人によって違いますが、脳血管性認知症の原因となるのは血管の目詰まりによる梗塞ですから、普段から血管がつまりやすい人は注意が必要になると考えられます。

このように脳血管性認知症の原因の場合は、アルツハイマーと比べてはっきりしている訳ですが、一度なってしまうと治療法も維持的なものが多く、改善するような治療法はまだ現代の医学では難しいようです。



スポンサードリンク
Copyright (C) 認知症の症状と原因. All Rights Reserved.
★ここにアクセス解析のコードを貼り付ける★
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。