認知症の症状と原因TOP ≫  認知症の治療 ≫  認知症の回想法治療について

認知症の回想法治療について

スポンサードリンク
認知症と回想法治療について

認知症の治療の一つに回想法という方法があります。回想法とは、昔のことを思い出して、記憶をたどり、認知機能の安定をはかるという治療法です。

介護保険施設などでは積極的も取り入れているところが多いようです。

しかし、なかなか回想法といってもどのようなことが行われているかわからないと言う方もいるかもしれません。

具体的に言うと回想法をすると、認知症の認知機能を維持するというリハビリ効果だけでなく、昔を思い出すことによって精神的にも安定するという効果があります。

そのために、例えばその年代に流行した歌を聴いたり、ニュースを振り返ったりします。そして、支援者は認知症の患者さんに記憶を引き出すようなことをします。

認知症になっても全てを忘れてしまうわけではありません。昔の出来事などの長期記憶はきちんと覚えているものです。

ですから、回想法をするとほとんどの人が懐かしく思ったり、よく覚えているものです。

そして、回想法は一人で行うものではなく、集団で行いますので、他の人の意見なども聞くことができて、共有することができます。

自分に愛着あったり、興味があったことというのは思い出すだけでも、楽しくなったり、うれしくなったりするものです。

それは認知症疾患になっても同様です。回想法をすることによって、精神の安定や、認知機能の維持に役立つということが回想法の効果と言えるのではないでしょうか。


スポンサードリンク
Copyright (C) 認知症の症状と原因. All Rights Reserved.
★ここにアクセス解析のコードを貼り付ける★
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。