認知症の症状と原因TOP ≫  認知症の基本症状 ≫  認知症とうつ症状について

認知症とうつ症状について

スポンサードリンク
認知症の症状の中には、うつの症状が現れる場合があります。以前よりも口数が少なくなったとか、とにかく寝てばかりいるという状態であるなどの症状が初期症状としてある場合があります。

これは、脳血管性の認知症の場合や、アルツハイマー型の認知症でも起こることであると思われます。

なぜそうなるかというと、脳血管が詰まっている状態であったり、脳全体が委縮し始めると、血流の低下や、前頭葉の機能が以前よりも活動しなくなるので、うつ症状を呈することがあるということです。

しかし、注意しなくてはいけないのは、認知症が原因でうつ状態になっているのか、それとも老人性のうつ病を発症しているかは、なかなかわかりにくいということです。

老人性うつ病は、認知症ではありませんから、薬を服用したり、静養したりすることで改善が見込めます。

しかし、認知症のうつの場合は、放っておくと認知機能がどんどん衰える可能性があります。

どちらにしても素人が判断できない場合は、診察を受けた方が良いと思われます。

うつだからと言って、そのままにしないで診察をしてはっきりした方が、その後の症状の悪化を予防することができると思われます。

最近は、老人性のうつが流行しているようなので、一見すると認知症のようですが、この二つは違うものと判断した方が良いでしょう。


スポンサードリンク
Copyright (C) 認知症の症状と原因. All Rights Reserved.
★ここにアクセス解析のコードを貼り付ける★
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。