認知症の症状と原因TOP ≫  認知症の予防 ≫  認知症の予防について

認知症の予防について

スポンサードリンク
アルツハイマー型の認知症の予防については、いろんなところで盛んに言われていますが、何が正しいのかは正確にはまだあんまり良くわかっていないのではないかと思われます。

しかし、徐々にアルツハイマー型認知症についてもわかってきているものもあり、予防を今からでもできることはしておきたいものです。

アルツハイマー型認知症の予防をするためには、まずアルツハイマー型認知症の原因を知る必要性があるのではないかと思います。

現在認知症の大半を占めているのは、アルツハイマー型認知症と、脳血管性認知症だと言われています。

その中でもアルツハイマー型認知症の原因としては最近ストレスとの関係が言われています。

ストレスの影響が強いと、ホルモンが出てきて、それが脳を委縮させていると言われています。

もし、その因果関係があるならば、常日ごろからストレスをためないような生活を心がける必要はあるかもしれません。

しかしだからと言って、全くストレスを感じないでいるようにするには無理があると思いますので、ちょっとでもうまく解消できる方法を身につけておくと言うことは重要なことであると思われます。

また、魚などに含まれるDHCは脳の委縮を予防してくれるそうです。最近は魚を食べなくなったことがアルツハイマー型認知症の増加に起因しているのではないかと思われます。

アルツハイマー型認知症の予防としては、食事やストレスである程度予防できるのではないかと思われます。


スポンサードリンク
Copyright (C) 認知症の症状と原因. All Rights Reserved.
★ここにアクセス解析のコードを貼り付ける★
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。