認知症の症状と原因TOP ≫  認知症の基本症状

認知症の基本症状

スポンサードリンク

認知症とうつ症状について

認知症の症状の中には、うつの症状が現れる場合があります。以前よりも口数が少なくなったとか、とにかく寝てばかりいるという状態であるなどの症状が初期症状としてある場合があります。

これは、脳血管性の認知症の場合や、アルツハイマー型の認知症でも起こることであると思われます。

なぜそうなるかというと、脳血管が詰まっている状態であったり、脳全体が委縮し始めると、血流の低下や、前頭葉の機能が以前よりも活動しなくなるので、うつ症状を呈することがあるということです。

しかし、注意しなくてはいけないのは、認知症が原因でうつ状態になっているのか、それとも老人性のうつ病を発症しているかは、なかなかわかりにくいということです。

老人性うつ病は、認知症ではありませんから、薬を服用したり、静養したりすることで改善が見込めます。

しかし、認知症のうつの場合は、放っておくと認知機能がどんどん衰える可能性があります。

どちらにしても素人が判断できない場合は、診察を受けた方が良いと思われます。

うつだからと言って、そのままにしないで診察をしてはっきりした方が、その後の症状の悪化を予防することができると思われます。

最近は、老人性のうつが流行しているようなので、一見すると認知症のようですが、この二つは違うものと判断した方が良いでしょう。


認知症の中核症状について

認知症の中核症状について

認知症の中核症状というのは、認知症の中心的な症状ということです。つまり認知症の場合は認知機能のなんらかの症状ということが言えます。

認知症の周辺情報は、これら中核症状から派生したものと考えます。

一般的に言われている、認知症の中核症状の代表的なものを挙げるとすると、記憶障害が挙げられます。

特に、今合った出来事などを覚える短期記憶に障害が現れます。一方昔あった出来事などの長期記憶は比較的保たれます。

次に検討式障害です。これは今自分がどこにいるのか、今何曜日なのか、何日か、等といった時間や場所などの状況把握が障害されます。

他にも、自分で問題を解決する能力の障害、衣類の着脱、空間的な物事の判断ができない、相手の会話の内容などが理解できないといった、失認、失行、などの障害が考えられます。

これらが、いわゆる認知症状の中核症状と言われているものですが、中核症状がどの程度のレベルかといったことが、直接認知症の症状のレベルの判断の目安となるため、診断でも中核症状がどの程度かといったことを中心に診断すると思われます。

今のところ、これらの認知症の中核症状を改善する手立ては現在の医療レベルでは難しいとされていますが、ある程度の進行予防などは見込みがあると言われています。

認知症と徘徊について

認知症の症状がある程度進行していくと、徘徊という症状が出てくることがあります。夜中にどこか家を出て行って、そのまま帰ってこないとか、家の中をグルグル歩き回っていたり、徘徊があると介護者としては気が気でない状態になります。

認知症のこのような徘徊と言う状態は、介護者には心配がつきものなのですが、徘徊をする人も、それなりにちゃんと理由があると言われています。

徘徊をする理由は、人様々ですが、何かを探しているのかもしれませんし、誰かと約束をして、その人に会いに行こうとしているのかもしれません。

だいたいにおいては、過去のことであった出来事などを思い出して行動しているようです。

ここでこの認知症の徘徊症状に対応する仕方として、注意点があります。当然徘徊は困ったものですが、本人してみればちゃんとした理由があるわけです。この行為に対して介護者がきつい言葉でしかりつけるのはあまり精神の安定上あまり良くないと言われています。

ただ単に、困った行為だと思うのではなく、ちゃんと理由を聞いてあげて同調してあげることも必要なようです。

一番いいのは、徘徊の理由を聞いて安心させてあげることです。あまり極端に起こってしまうとかえって逆効果になってしまいますので、注意が必要と言うわけですね。

とはいっても、認知症で徘徊をしてしまって、事故にあったりと言うこともありますから、放っておけばいいというものでもありませんね。
スポンサードリンク
Copyright (C) 認知症の症状と原因. All Rights Reserved.
★ここにアクセス解析のコードを貼り付ける★
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。