認知症の症状と原因TOP ≫  ハンチントン病

ハンチントン病

スポンサードリンク

ハンチントン病の症状と特徴について

ハンチントン病の症状は、性格変化や舞踏様不随意運動、認知症を特徴とする変性疾患と呼ばれれているものです。

ハンチントン病を発症するのは、30歳から40歳台と言われていて、比較的に若い時期に認知症になるということです。

初期の段階では、すぐには認知症のような症状にはならずに、舞踏様不随意運動という運動失調のような症状があり、さらに性格変化が起こるというものです。

性格がどのように変わるかについては個人差もあると思いますが、大方自己中心的な性格変化をするといわれています。

最終的なハンチントン病の症状は認知症のような症状になるということになります。

ハンチントンの病気の原因は、脳の委縮と考えられています。また、遺伝子の変異が原因とも考えられています。

運動症状や精神症状に関しては、ある程度効果のある薬があるものの、具体的にハンチントン病を改善できるような治療法はあまりないようです。



スポンサードリンク
Copyright (C) 認知症の症状と原因. All Rights Reserved.
★ここにアクセス解析のコードを貼り付ける★
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。