認知症の症状と原因TOP ≫  認知症の予防

認知症の予防

スポンサードリンク

認知症と赤ワインについて

認知症の予防に赤ワインが良いらしいということが言われています。赤ワインはポリフェノールの含有量がかなり高いということで有名ですが、このポリフェノールが脳内に認知症の原因となるたんぱく質が溜まることを抑制してくれるらしいのです。

特に、これはアルツハイマー型の認知症に有効であるのではないかと思います。

アルツハイマー型認知症は、あるたんぱく質が増えて脳が委縮していくらしいのですが、それを防いでくれるわけですから当然予防になりそうですね。

また、赤ワインは認知症だけでなく、脂肪燃焼や活性酸素の除去など他にも利点があると言われています。

しかし、赤ワイン以外でも当然ポリフェノールを含む食品はいっぱいあって、実は普通に食事をしているだけでも摂取しているとも言われているので、赤ワインをたくさん飲む必要はないと思えます。

また、お酒で糖分もありますから、なるべく1日にワイングラス1杯程度で十分なのではないかと思われます。

認知症の予防と言っても、これはあくまでもアルツハイマー型認知症の予防に貢献できるかもしれないと言う段階で、まだはっきりはしていないと思います。

脳血管性認知症などの症状にも赤ワインが予防になるのかと言ったことは言われていません。


脳血管性認知症の予防について

脳血管性の認知症の予防で大事なことは、血管を詰まらせないと言うことに限ると思われます。

当然血液をさらさらに保つことは、脳血管性の認知症だけでなく、他の心臓疾患や、糖尿病など様々な疾患の予防にもつながります。

必要なのは、食事と運動と、ストレスを溜めないと言うことなどが基本的に必要になってきます。

脳血管性認知症の原因は、血管に小さな梗塞がたくさんできることによって、徐々に進行していきます。

実際にCTやMRIで調べればわかりますので、検査に言って梗塞があるようであれば、なお一層の予防が必要になってくると思われます。

食事については、お酒の飲み過ぎや、塩辛いもの、甘い物の摂りすぎ内容にすることが大事になってくると思われます。

運動は、血液の流れを良くしますし、脂肪も分解してくれますから、ウォーキングなど軽いメニューでも十分予防になってくるでしょう。

また、ストレスがあまり溜まり過ぎると、血管が収縮しますから、ストレスをため過ぎないことも必要になってくると考えられています。

このように、脳血管性認知症の予防には、当たり前の基本的な生活習慣を身につけることが何より大事なことであると思われます。

ですから、幾ら脳トレをしても、生活習慣が悪ければ、脳血管性認知症になりうるということでしょう。

認知症の予防について

アルツハイマー型の認知症の予防については、いろんなところで盛んに言われていますが、何が正しいのかは正確にはまだあんまり良くわかっていないのではないかと思われます。

しかし、徐々にアルツハイマー型認知症についてもわかってきているものもあり、予防を今からでもできることはしておきたいものです。

アルツハイマー型認知症の予防をするためには、まずアルツハイマー型認知症の原因を知る必要性があるのではないかと思います。

現在認知症の大半を占めているのは、アルツハイマー型認知症と、脳血管性認知症だと言われています。

その中でもアルツハイマー型認知症の原因としては最近ストレスとの関係が言われています。

ストレスの影響が強いと、ホルモンが出てきて、それが脳を委縮させていると言われています。

もし、その因果関係があるならば、常日ごろからストレスをためないような生活を心がける必要はあるかもしれません。

しかしだからと言って、全くストレスを感じないでいるようにするには無理があると思いますので、ちょっとでもうまく解消できる方法を身につけておくと言うことは重要なことであると思われます。

また、魚などに含まれるDHCは脳の委縮を予防してくれるそうです。最近は魚を食べなくなったことがアルツハイマー型認知症の増加に起因しているのではないかと思われます。

アルツハイマー型認知症の予防としては、食事やストレスである程度予防できるのではないかと思われます。
スポンサードリンク
Copyright (C) 認知症の症状と原因. All Rights Reserved.
★ここにアクセス解析のコードを貼り付ける★
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。